2016年03月07日

新しい豆は春風のように。





いきなり春になりました!


花粉症持ちのワタクシ、

鼻水とクシャミのエンジンが全開でございます!








さて、新しいコーヒー豆のご紹介があります。




■ コロンビア ドナファナ ボルケーノ

  シティーロースト (中煎りの後半)

非常に「いかつい名前」ですが、優しくて甘いコーヒーです。

ダークチェリーやオレンジピールのような強い甘みのある果実感。

焼きリンゴやチョコレートのようなニュアンスもある素晴らしい風味です。



コロンビアでも屈指の優良産地ナリーニョにある

ドナファナ火山地区で栽培されたコーヒーです。



標高が高いので味が濃密でボディ感も豊かで、

業界用語である「昔の良かったコロンビア」そのもの。
(*このネタもいつか書いてみようと思います。)






そしてもうひとつ。



■ エチオピア イルガチェフェ ウォレカ

ミディアムロースト (中煎りの前半)


人気だったコンガ農協が終わりましてウォレカ農協になりました。


スイートレモンやピーチ、マスカットのような

爽やかで素晴らしい甘みを持つコーヒーです。



コンガ農協も良かったのですが、

今回のウォレカはチェリーの熟度が素晴らしくて

とにかく甘い!甘い!



ハチミツとか糖蜜を連想するような風味があったり

とても綺麗で透明感のある余韻があったりで、

本当に素晴らしいエチオピアンコーヒーです。




さらーに!もうひとつ!!



■ グアテマラ コバン ブルボン

 ハイロースト (中煎り)

とても爽やかでオレンジやラズベリーのような果実感のある風味。

アカシアのハチミツのような豊かな甘みが広がります。

シロップのような滑らかな質感とクリーンで甘い後味。





コバン地域のサンクリストバル地区という小さなエリアから

完熟したブルボン種だけを集めた特別なロットです。



ブルボン種とはコーヒーの品種の名前で、

特においしい品種として昔から人気があります。




この辺りのブルボン種はスイートオレンジのフレーバーがあって

素晴らしい甘みがある事を知ったバイヤーが長年の調達を経て

ようやく手に入れたという特別なロットです。





今回も全力投球の3種類が出そろいました。

置きに行く気は一切、御座いません!




全てのコーヒーがキラキラしていて

爽やかで素晴らしい風味です。




本当に春風のような心地よさ。





新しいコーヒーとの出会い、

ご用意してお待ちしております!




さあ、春色のコーヒーを楽しもう!!




posted by アースベリーコーヒー at 18:34| 珈琲豆のこと