2016年06月08日

ルワンダ旅日記 その1

 
 Yoshieです。


先日、無事にルワンダから帰国しました。
 
とても元気です。

ご期待には添えず、全く日焼けはしておりませんが。



営業時間の変更などでご迷惑をおかけしました。

今週から、通常通り19時までお店は営業しております。




ルワンダで過ごした濃密な日々を終えて、東京で1泊した後に


成田から帰る格安航空のゲートへと向うと途中


ふと目にはいったいくつかのポスターがありました。



1666.JPG


1671.JPG


1674.JPG




そう。まさにその通り。


ポスターを見ながら今から15年くらいの前にバックパッカーをやっていた



若かりし頃の自分を思い出していて



そして今、歳をとって自分の家族がいて子供にも恵まれている中で



再び旅に出ている事への面白さと喜びと感謝の気持ちでいっぱいでした。





昔の自分の旅と大きく違うのが、今はコーヒー屋の仕事をしている事。
 

そして、今回はコーヒーのことをもっと知る為、学ぶ為の旅だった事です。





行き先はルワンダ。


だいたいの日本人が知るルワンダのイメージは


まさに映画「ホテルルワンダ」ではないでしょうか?


私もそうでした。


大虐殺のイメージがとても強く現在のルワンダの様子を知る日本人は少ないと思います。


ルワンダはアフリカ大陸の内陸部のとても小さな国です。


大きさは、四国と同じくらいでアフリカで最も人口密度が高い国です。


主な輸出産業はずばりコーヒーです。


「千の丘の国」と呼ばれ緑豊かで気候に恵まれている美しい国です。




991.JPG




飛行機から見えるルワンダの街は、


私のイメージする赤土の大地とは違い、緑豊かで赤いかわいらしい家が点々とありました。


空港に着いて外にでると、熱くも寒くも無く乾燥した快適な空気に包まれました。


そして、なんと客引きの少ない事。笑


アジアなどへ行くとタクシー?タクシー?ホテル?


と言われ方々から客引きに囲まれる経験をしていたので拍子抜けしました。


なんて平和でリラックスした雰囲気。第一印象からとても良かったです。



さて、ホテルでぐっすり眠り次の日からさっそくルワンダのジェノサイドの歴史や


スターバックスのファーマーサポートセンターを訪れる事になるのですが


とても長くなりそうなので何回かにわけてブログを更新しようと思います。




どうぞ気長にお付き合いくださいませ。

                               つづく





posted by 大地の実 at 13:49| 日記