2017年10月11日

収獲の秋と、暮らしの食と。




今年の稲刈りが終わりました!




無事に籾摺りも終わって、

新米を食べることが出来ましたよ。



今年は新品種「恋の予感」という

ちょっといい感じの名前の苗に変わりました。

(昨年までは、ひのひかり)




この「恋の予感」は暑さ耐性のある品種で

昨今の猛暑での不作を未然に防ぐための新品種。



元々は「中国201号」という、

なんとも味気ない名前だったのを、

農協さんが市民公募して決まったのが

「恋の予感」だそうです。





味は、普通においしいです。




今年は2度目の稲作でした。



まだ要領が掴めずに試行錯誤感がありましたが、

稲が成長するにつれて起こることに理解ができ、

なるほど、そういうことか。と思うことが多くありました。




4月の田起こしと施肥。

5月の水入れと代掻き。

そして、田植え。

そこからは、水の管理。


稲作は、「苗の質と水の管理」と言われるほど、

水の管理が大切になります。



我が家は、棚田なので、

水路も複雑に入り組みます。



イノシシが水路を埋めたこともあれば、

急な大雨が降ってきたこともあります。



そして、稲が伸びてきたころに、

鹿による被害がありました。

(柔らかい葉っぱを食べちゃう)





雑草との無限の戦いは

何度となく悲鳴を上げました。




今年の稲刈りを終えて思ったことは、

やっぱり農業は面白い!




いろんな反省がありました。


来年はこうやろう、ああやろう。


そんな事を、もう考えています。
(主に、土作りについて)





そして、息子や甥っ子たちと一緒に

ワイワイと楽しみながらできるのも醍醐味。






いつもの食卓の普通のご飯が、

ちょっと大切なご飯に変わります。




いつもの食卓が、少し豊かになる気がします。



できたら野菜や大豆や小麦もやってみたいと思っています。

あと、もち米も。





いつか、お客様とシェアできるような

仕組みを作りたいとも考えています。




食は暮らしを豊かにします。

体を育て、心を育てます。




今、世界中で注目されている

「参加型エディブルガーデン」という

みんながハッピーになれる農業が

できればと夢見ております。



























posted by 大地の実 at 18:10| ブログ