2018年05月29日

京都へ。〜その2〜





突然ですが、

皆様は、抹茶を飲む機会は多いですか?




ワタクシは恥ずかしながら

生涯で1〜2度しか飲んだことなく、

そのすべてが「薄茶」であり、

抹茶の最高峰であり本格である「濃茶」は

ワタクシ、その存在さえも知りませんでした。




お抹茶には、濃茶と薄茶の2種類あります。

同じ「お抹茶」であることには変わりないのですが、

濃茶の方が、甘みが強く渋みが少ないお茶を使います。





お抹茶の量としては、お薄の3〜4倍の濃さですので、

お薄に使えるような渋みのあるお抹茶は、濃茶には適しません。



甘みが増すほどお抹茶のお値段も高くなりますので、

お濃茶はより高級になります。





和風カフェでよく見かけるのは、お薄が圧倒的に多いので、

濃茶は、茶道をしていなければ、なかなかいただく機会がないかもしれません。







茶道という高尚な趣味のないワタクシは

日本人でありながらお抹茶とは遠い世界の住人でした。





ところが、

このお抹茶との距離をグッと縮めてくれた

素晴らしいお店が京都の「一保堂茶舗 本店」です。





IMG_9851.JPG





京都でも屈指の人気のお茶のお店で、


京都御所の近くにある為外国人の方も多い。





店内へ一歩入ると、

雰囲気のあるお茶屋さんの設えです。



IMG_9862.JPG





たくさんのお茶の種類と道具が並びます。





実はこの一保堂茶舗には併設の喫茶スペースがあり

一保堂茶舗の厳選されたお茶を頂くことが出来るんです。






IMG_9854.JPG




まさに、和風カフェそのもの。



テーブルもあれば、

カウンター席もあります。



メニューは大きく分けて

濃茶

薄茶

玉露

煎茶

ほうじ茶


それぞれに合ったお菓子が付きます。





ワタクシは、初めて「濃茶」なるものを注文。


すると、

「途中で薄茶に点てかえますから、お声替えくださいね。」

という店員さん説明。



なんと、2度楽しめるんですね!




IMG_9856.JPG



普通の薄茶より4倍濃い濃度で

まるでお茶のペーストのように

ドロドロした質感です!




勝手なイメージで、

”濃くて苦そう”と思っていると、

飲んでみてビックリ!


濃厚だけれども、

ほんのり甘くて、

お茶の爽やかな風味が広がります!!



衝撃的なおいしさなのです!!!



スペシャルティコーヒーに始めて出会った時と同じような感動。



濃茶は、差し詰め世界トップレベルの

スペシャルティのエスプレッソでしょうか。





カウンターの隅っこで勝手に感動しているワタクシに、

店員のかたが優しく「いかがですか?」と聞かれるので、


いやー、初めて濃茶を飲んだんですが、

こんなに美味しいとは思いませんでした。

苦味は全然ないし、甘い余韻ですね!

と言うと、




店員さんもニコリとほほ笑んで、

「最高級のお抹茶ですので」

(静かに感動)








そして、薄茶に点てかえてもらい、

2度目のおいしいお抹茶を頂きました。

(薄茶はお湯を足して作るのでアメリカーノですね)



IMG_9857.JPG








さらにワタクシ、ここぞとばかり

煎茶も注文。




すると、

急須と茶碗2つ、それにポットが出てきまして、

自分で淹れるスタイルです。




IMG_9858.JPG





この煎茶は三煎目まで楽しめるメニューで

お湯の温度の下げ方や、お湯の量、

時間や注ぎ方を丁寧に説明して下さいます。




IMG_9859.JPG





自分で淹れた煎茶も、また格別のおいしさ。

煎茶の繊細さはドリップコーヒーのようです。



付いてくるお菓子も

京都のお菓子屋さんの

素晴らしい和菓子です。




3煎目まで、ゆっくりと頂いて

大満足なワタクシは、様々な思いが

駆け巡りました。




日本人としてあまりにもお茶のことを

知らなさ過ぎたこと。





あらためてお茶を体験して

楽しいし、美味しいし、

なにより感動したこと。




和菓子って素晴らしいなと感じたこと。





濃茶のようなお茶を

気軽に飲める場所は日本に数少ないこと。




もっと身近にお茶を楽しむ機会があればいいなと、

心より感じました。





ちなみに、たくさんの外国人も濃茶や玉露の風味に

驚いているようで、エキサイティングな

日本の体験になったと思います。





喫茶室から見える

お茶売り場も大賑わいで、

お客様もひっきりなし。





喫茶室でお茶を飲んだお客のほとんどが

必ずお茶を買われて行きます。




ワタクシが見ているだけで

めっちゃ売れてます!



コレ、

コーヒー豆屋として

すごく参考になるシステムだったんです。





喫茶で体験した楽しさを、家でも楽しむ。



お茶という身近なのに知らないことを

分かりやすい説明、

美味しくて楽しい体験を通じて

暮らしの中の愉しみの習慣として

提案してゆくお店のシステム。



完璧です!

感動しました。






かく言うワタクシも、

お土産に新茶の煎茶と玉露を購入。




IMG_9864.JPG







お茶としては、

値は張りましたが、満足度120%でした。

(もちろん、家で楽しんでいます。)



そして、たくさん勉強になりました。



いつか、EARTH BERRY COFFEEが

カフェを手掛けるなら、今、流行りの

欧米スタイルのカフェではなく、

一保堂茶舗さんを参考にした

メイド イン ジャパンのお店を作りたいものです。



それほど、ワタクシにとってインパクトのある

素晴らしい体験をさせて頂きました。





皆様もぜひ、

京都へ行かれた際は

体験してみてはいかがでしょうか。




さあ、日本茶を楽しもう!




posted by 大地の実 at 16:34| ブログ