2016年03月30日

ライフスキルってなんだろう。





小学校2年の長男が春休みでゴロゴロしています。

皆さんのご家庭はいかがでしょうか?

家にパンダがいるみたいなので、

朝、一緒に町のごみ拾いを兼ねた散歩を始めました。






火ばさみとバケツを持って、

毎日約30分〜40分かけて町を歩きます。



最初は渋ってましたが、

ゴミひとつ = 1ポイント

1ポイント = 1円。


ボーナスポイントデーでは

なんと1ポイント=5円!!



というシステムを開始しまして、

見事に朝も早起きになり、

計算の勉強になったり、

親(僕です)の運動不足の解消になったり、

町も綺麗になるという効果が表れました!




子供と一緒にゴミ拾いをしていると、

地域の方が声を掛けて下さいます。


ちょっとした挨拶だったり、

「えらいねー」の言葉に子供が喜んだり。



そして、普段は車の生活なので、

あまり通らないような町の風景があったり。





やってみると、自分自身が新しい発見をしたり、

様々な事に気が付いたりするようになりました。







ところで、みなさんは”ライフスキル”という言葉をご存じですか?



【ライフスキル】

世界保健機関(WHO)は「日常の様々な問題や要求に対し、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」と定義している。


WHOはライフスキルに最も重要な項目に

(1)意思決定能力
(2)問題解決能力
(3)創造的思考
(4)批判的思考
(5)効果的なコミュニケーション能力
(6)対人関係の構築と維持能力
(7)自己認識
(8)共感する能力
(9)感情を制御する能力
(10)緊張とストレスに対処する能力

――を挙げている。




難しいですね!笑




この”ライフスキル”という能力が備わった人が

「自立した人間」ということになるそうです。



僕はまだ自立できてないようです、、。笑





そして、この”ライフスキル”が身についていないと

大人になって大変困るというお話を先日聞きました。



全て条件を完璧に満たす人なんて、そうそういないでしょうが、

「自分で考える力を持つ」という事と、

「他人に頼ることができる」という事が、

結局は自立になってゆくんだろうなと思う訳です。






そして子育て。


子育ての最も大きな目的は、

「子供を自立ささせる」ことだと考えています。




自分で生きて行ける。そして、人や地域と関わりが持てる。




先日、あるパパ友に

「片岡さん、子育ての目的って何だと思いますか?」

と聞かれて、僕は「子供の自立ですかね」と答えました。



それも正解なのでしょうが、

そのパパ友はこう言いました。


僕の考える子育ての目的は、

「子供が仕事を創造できるような人間にする」ことです。




就職や入試を最大の目的にして生きてきた若者たちは、

自分で人生を選ぶことができず。他人の意志で生きています。


その目的や設定から外れたとき、

多くの若者が「自殺」という選択肢を選びます。



これは、子育てのやり方の問題でもあるのかもしれない。

どんな事があっても、生きて行ける強い人間にしないと。

日本の子供達、日本人は弱って行くばっかりですよ。



そう、そのパパ友は言いました。




確かにそうなんです。




僕たちは、自分の子供に、自分の価値観を押し付けています。



もちろん、良い意味で、倫理観や社会性など、

社会的な善。法的な善は必要ですが、



生き方は、子供に選ぶ権利があります。





あるパパ友は、こうも言いました。



今の時代、子供の時に夢を持つ必要はない。

他人に無理やり押し付けられた夢なんて夢じゃないでしょ。

今の幼稚園、保育園、小学校の教育では、

夢=職業 なんですよ。

こんなのナンセンスでしょ!

子供が将来の夢は何か聞かれた時に「公務員」と答えるのは

親が公務員になって欲しいと押し付けてるからでしょ。



自分の夢を選べないくらいなら、

今は夢なんて持たなくていいんですよ。

本当の夢ってなんでしょうね。





大切な人とちと一緒に、強く生きる。

それこそ、本物のライフスキルではないかと思うんです。






子供に強さを身に着けさせようとした時に

必ず必要なのが、失敗経験からの成功体験への

トライアンドエラーです。







親は

木のように立って見ていれば良い。




そんな言葉を思い出します。




そこに存在して、

大きく見守って、

黙って実を授ければよし。


余計なことはいらないのかもしれません。






朝のゴミ拾い散歩が、

息子とってどんな気づきになるか分かりませんが、

心になにか感じて欲しいと思う余計な親心もある訳で。




僕もまだまだ、教えてもらってばかりです。








posted by アースベリーコーヒー at 19:13| ブログ