2017年09月22日

コーヒーに正解はない。



2017年9月20日〜22日の期間中に

東京ビックサイトで開催されたコーヒーイベントに

買付グループのブースのお手伝いとして参加してきました。



昨年よりも人が多くて大賑わいです。



コーヒーの業界も日進月歩ですので

毎年新しい道具や技術が発表されて話題になります。



特に変化が大きいと感じるのは

「ドリップコーヒーの淹れ方」です。




現在の世界のドリップコーヒーのトレンドは

”クリーンで華やかなフレーバーの味作り”です。




偶然にも僕たちのブースの隣に

今年のワールドブリューワーズ(世界抽出大会)

世界チャンピオン(台湾)が来ていて

世界大会で優勝したレシピでドリップしていました。





豆は「ナイティプラス」というアメリカの会社の

パナマのゲイシャ。(非常に高価な豆です)




行列ができている中、僕もご相伴に預かってみると

驚くほど”薄い”のです。


なのに、フローラルで華やかな香りと

心地よいフルーツの酸味を感じました。



まるで、フレーバーティーやハーブティーのようです。




濃度を限りなく薄くして

華やかで甘い香りを活かすドリップでした。





10年前のドリップの概念からしてみると、

「なんじゃこりゃ!」というギャップです。

水っぽいという人もいると思います。



しかし、そこに「美味しさ」はありました。



濃い、薄い、の枠を離れた

フレーバーを活かすコーヒー。





コーヒーの楽しみ方は日々進歩しています。




固定概念で、

これが良い。これが悪い。

というのは可能性を無くすのかもしれません。


コーヒーに正解はない。


美味しさがそこにあれば、

無限の可能性を感じさせる体験でした。


そして、それは世界の舞台では最も評価される基準でもあります。


日本のガラパゴスコーヒーも良いですが、

新しい体験を楽しむことも大切です。



コーヒーの本質は「フレーバー」にあることも事実。




パナマのゲイシャのような

華やかでレモンのようなフレーバーがあって

焙煎の浅いコーヒーには

世界チャンピオンのレシピは最適だと思います。



もし、チョコレートやキャラメルのような

フレーバーがあって深煎りのコーヒーだと

日本式のような濃く抽出するのが最適です。






豆の個性(フレーバー)を最大限に活かす方法としての

ドリップレシピとして考えたら、可能性は無限です。





世界チャンピオンのコーヒーを飲んで、

僕はワクワクしました。



だって、僕たちのブースのコーヒーも

負けないくらい素晴らしく美味しいのですから。




世界トップレベルの水準に自分はいると実感すると

やはりワクワクします。



大いなる刺激と学びをもらった東京での3日間でした。





また、コーヒー向き合う日々が

ここから始まります。






posted by 大地の実 at 17:42| ブログ