2017年10月13日

エスプレッソの豆にルールはなし。




最近は自宅でエスプレッソを楽しむ方が増えています。




デロンギとかボンマックとかの

家庭用エスプレッソマシンも売れ行き好調のようです。





エスプレッソと言えば、よく聞かれるのが

「エスプレッソ用の豆はどれですか?」





実はエスプレッソはどんな豆でも使えるんです。





エスプレッソ = 深煎りの豆

というのはイタリアの伝統的なスタイルで

日本人はバブルの頃に初めてテレビで紹介された

イタリアンエスプレッソの大流行で

エスプレッソ = 超苦い、超濃い

というイメージになっております。




スタバもアレンジに向いている深煎り豆を使います。





そんな感じで、エスプレッソのイメージが出来上がってゆきました。





ところが世界で一番コーヒーを飲む国でもある

スウェーデンなどの北欧やオーストラリアでは

焦がした深煎りでエスプレッソは淹れません。




中煎りや中深煎りで淹れたエスプレッソは

濃密な液体ではありながら、

フルーツ感のある甘味と良質な酸があります。




お砂糖なしで、美味しく飲めます。




ちなみに、エスプレッソにお砂糖を入れるのも

イタリアスタイルでロブスタ種たっぷりの味を

そのまま飲めるわけもなく、しょうがなく入れているのです。




上質なアラビカ種を使うスタイルでは

お砂糖をいれないで楽しむのが定番です。

(もちろん、入れてもおいしい)





さて、とはいえエスプレッソという抽出方法には

いくつか特徴があって、それを知っておくと便利です。




【特徴その1】酸味が強く出る特徴がある。


豆を細かく挽き、20秒〜30秒という超短時間で淹れるため

酸が出やすい為、中煎りなどの焙煎では気を付けなければならない。




焙煎の浅い豆をエスプレッソにする場合、

抽出に失敗することがあります。



酸っぱいと感じたら失敗です。



粉のメッシュ調整、粉の量、タンピングの強さを

程よく調整すると、酸がまろやかになり丸みを帯びます。



すると甘みを感じるはずです。



うまく抽出できるとフルーツジャムのような印象で

非常に甘く余韻のあるエスプレッソになります。




【特徴その2】乳化が決めてとなる



エスプレッソといえば、濃厚でドロドロした液体と思われがちですが、

おいしいエスプレッソでは濃度にとらわれません。






サラサラしたエスプレッソもあり、

トロトロしたエスプレッソもあります。







どちらも、豆の風味(フレーバー)を活かす抽出であれば

それが正解です。




ただし、どんな場合でも必ず「乳化」していなければ

おいしいエスプレッソにはなりません。





乳化とは、

コーヒーオイルとお湯が一体になることで、

エスプレッソに十分なコーヒー成分が入っていることです。



サラサラ系のエスプレッソでも

ただシャバシャバとお湯が流れたような

エスプレッソでは水っぽくてまずい。




しっかりと成分が乳化しつつサラサラなら、

花開いたようなフレーバーと素晴らしい余韻を感じます。





最近では、色んなお店やバリスタのエスプレッソを飲む機会があって、

その都度、新しい学びと発見と体験があります。



おいしいエスプレッソって何かを知りたければ

たくさんのエスプレッソを飲むしかないのです。





エスプレッソとは、

抽出方法のひとつに過ぎません。





ドリップコーヒーの味にいろいろあるように、

エスプレッソの味にいろいろあって当然なのです。




先日の東京のコーヒーイベントでも

信じられないような、

おいしいエスプレッソを飲みました。




フルーツの果汁を濃厚に絞ってシロップを入れたような

ものすごい甘味とフレーバーと余韻がありました。




もちろん、そんなエスプレッソは稀で、

どこでも飲めるようなものではありません。





ミルクを使ったラテにする場合でも、

おいしいラテを作るなら、

おいしいエスプレッソが必須になります。




深煎りで作る、いつものラテもいいですが、

違う焙煎度合いで作ってみるのも面白いです。



むしろ、甘味と果実感がある方が

ワタクシは美味しいと思います。





ただ、エスプレッソを難しく考える必要はありません。



いくつかのコツはありますが、

慣れてしまうと簡単な抽出です。





ぜひ、皆様も楽しんでください!


























posted by 大地の実 at 18:29| 珈琲豆のこと