2018年03月29日

Qグレーダー更新試験



ワタクシ、国際味覚鑑定士「Qグレーダー」という資格を持っておりまして、

コーヒーに正式に点数をつけることができます。





今、日本に300人くらいだそうです。





この資格は更新試験が3年に一度あって

先日初めての更新試験に行ってきました。





資格を取る時は

なんと6日間連続のコースを受けて、

20科目の試験にすべて合格しなければならず、

結構ハードな資格なのです。




更新試験はカッピング(テイスティング)のみで

ウォッシュド・アフリカ・ナチュラルというテーマで

3セッション(各6さんぷる)をカッピングして

正確な味覚審査ができるか。

正確なスコアシートの記入ができるか。

というテストでした。




普段、ワタクシが使うスコアシートは国際品評会基準のもので


2.jpg



こんな感じのものですが、






Qグレーダーではアメリカ独特の



1.jpg



こんなスコアシートを使います。



評価項目や点数の基準、

点数の加算方法も少し違うので

3年ぶりに使うスコアシートに

ややアタフタしながらの試験でした。




3年前当時のワタクシは

カッピング技術はまだ未熟で、

コーヒーを正確に評価することの意味が

分かっていなかったように思います。





今回、更新試験を受けてみて、

普段は扱わない低レベルのコーヒーや

世界トップレベルのものまで

幅広く出題されました。




じっくりと、

ゆっくりと

決して焦らず。


高温、中温、低温まで、

風味の変化を感じながら

ひとつ、ひとつ、丁寧に

コーヒーに向き合いました。




3年前に比べて、

遥かに正確に審査できるようになっていました。




初めて味わうコーヒーに点数をつけながら、

3年間の自分の味覚審査能力の成長を感じました。





やはり、カッピングは経験です。




毎日、お店でカッピングをして、

2か月に一度、世界トップレベルの

カッピングの達人のトレーニングを

受けることの効果を実感しました。




また、更新試験を受けながら

あらためて、このQグレーダーシステムは

コーヒーを客観的に見ることができ、

コーヒーを俯瞰して見ることができる

とても効率的で洗練されたシステムであることを

実感しました。




数日後に結果発表があり

無事に合格できました。



これからまた3年、Qグレーダーとして

コーヒーを評価できるようになりました。



3年後の更新試験まで、

また、コツコツ成長しようと思います。



posted by 大地の実 at 18:55| ブログ