2018年04月18日

飲みやすいコーヒーを。



ウチのお店は、全種類のコーヒーが試飲できるんです。




特に”初めて”来られたお客様は

とても興味深々で試飲して下さいます。




お店に立っている私達も、

「初めてお客様」は何となく

視線の動きや雰囲気で分かります。



なので、試飲の反応を、実はよく観察しております。笑



コーヒーはお好きかなー。

ウチのお口に合うかなー。

お好みの味は何かなー。



さりげなくですが、じっくりと観察しております。笑





最近ではTVでご紹介して頂いたので

初めてのお客様がとても増えました。





そんな初めてのお客様の反応は実に様々です。



「おいしい」と言って頂ければ幸いで、

うーん。。。と考え込む人もいれば(汗)

ものすごい数の質問をされる人もおられます。




そんな、お客様の反応の中で、

派手ではないけど「手応え」を感じるのが、

焙煎度合いに関係なく【飲みやすい】という言葉です。




これはお店を開業した当初は、

薄いってこと?

物足りないってこと?

など、ネガティブな意見かと思っていたのですが、

最近になってようやく、誉め言葉なんだと気が付きました(遅!)





何度もご来店頂いてる方達は、

それぞれのコーヒーの風味の違いを楽しまれますが、

初めての方はEARRTH BERRY COFFEEのコーヒーが

どんな風味なのか全くご存知ありません。



恐る恐る?ひとくち飲んでみて、

飲みやすいと感じるということは

濃くて苦くてザラザラして渋いコーヒーを

どこかイメージされていたのだと思います。



【飲みやすい】と表現された本当の意味は

綺麗な液体で、後味が良い。

という事なんだと気が付きました。






事実、「飲みやすい」というコメントをされたお客様は

初来店なのに必ず、たくさんコーヒー豆をお買い上げになられます。


特に女性にとって「飲みやすいコーヒー」=美味しいコーヒーという

方程式がほとんどの場合で成立するのです。




そんな【飲みやすいコーヒー】の理由は2つあって、

まず、”素材が良い”ことがあります。

液体の汚れになる欠点豆や未熟豆がなく

チェリーの熟度が高いので糖度が高い。



もうひとつは、焙煎です。

焙煎のやり方で、後味に渋みが残ったり、

ザラザラしたりすることもあれば、

同じ豆でも、透明感のある液体になり、

後味も綺麗で甘味の残る焙煎もあります。




なので、ダークローストにした深煎りのコーヒーでさえ、

香ばしく、風味もしっかりあるのに【飲みやすい】となるのです。





よくよく考えたら、

”飲みにくいコーヒー”って

あんまり飲みたくないですよね。




今日も、初めてお越しになった

ご年配の女性が色々と試飲されながら、

「全部、飲みやすいですね」とニッコリされて

自分では、もうあまり飲まないけれど

娘や、孫や、お友達に配りたいと

たくさんお買い上げいただきました。




ワタクシは、とても、とても、嬉しく、

感謝の気持ちで一杯になりました。



気が付けば、

また飲みたくなっている。


そんなコーヒーを

これからも作って行きたいと

思っています。




































posted by 大地の実 at 18:49| 店のこと