2013年12月06日

憧れの地イルガチェフェへ。〜豆記世界編・3〜







その哀しい事件は、僕たちが日本からエチオピアに入る

2日前に起こりました。






情報が伝わりにくく、警察の捜査も遅い国なので

各国の大使館にその情報が入ったのも数日後でした。






我々がエチオピア・ジンマでコーヒーの原種が眠る森で

フォレストコーヒーの収穫や農協の視察を終えた日に

現地日本大使館からジェトロスタッフに連絡がありました。




緊急警報。





事件はジンマ近くの郊外で起こりました。




中国人とエチオピア人を乗せたバスが強盗に止められ

バスの中に強盗が侵入。

その日は月末の金曜日で労働者への給料など現金が動く日でした。



3人の強盗は、バスの中で

「動くな!金を出せ!おかしな真似をしたら殺す!」

と叫んだそうです。



3人の強盗の手には、拳銃がありました。


バスの中の中国人4人は道路建設の関係者でエチオピア人はガイド。



ところが、中国人には現地のナムハラ語は通じておらず

ガイドが説明する前に、ある1人の中国人の行動が運命を分けました。





ひとりの中国人が強盗に向かって、自分の携帯電話を取り出し

写真を撮ったのだそうです。



理由は分かっていません。


面白半分なのか、証拠写真を残すつもりだったのか。


その理由はもう聞けません。



写真を撮られたと気がついた強盗が逆上し

拳銃で中国人4人全員を射殺、エチオピア人ガイドも重傷

を負いました。



そして、犯人グループは逃走し現在も行方不明。






生き残ったエチオピア人から事件の詳細が分かり

特にアジア系の滞在者に警告が出されたようなのです。






普段、エチオピアではこのような殺人事件は珍しいのですが

最近は中国系企業の積極的な介入でアジア系への強盗事件が

起きているようでした。



また、中国企業の非常に強引で搾取的なやり方に不満を持つ

エチオピア人も少なくないとドライバーが静かに語りました。






ジェトロスタッフから事件の詳細を聞かされ、

全員に対して指示が出ました。




「皆さん、ご心配だと思いますが、

 内戦やテロではないので直ちにツアーを中止するような

 影響はありません。

 但し、今回の事件は金品も奪われ強盗も逃走しています。

 この先、アジア系を狙う強盗が急増する可能性があります。

 万が一、このような強盗に遭遇した時には、

 みなさん。絶対に無抵抗であって下さい。

 金品や所持品、パスポートも全て差し出して下さい。

 生命を最優先で守って下さい。

 全てを奪われても命だけは守って下さい。

 あとは大使館が助けてくれます。」





生まれて初めて命の危険性のある場所に

自分が居るという事を体験しました。






この先ツアーを続ける対応として、

走行中は7台の車列を崩さず離れない。


日中でも団体から離れない。


夕方、夜間の移動を避ける為、農園の訪問時間を短縮。


可能な限り、滞在を知られないよう露出を避ける。







かなり窮屈な行動制限ですが、

しかし僕たちは安心しました。



「ツアーを続けられる。」




全員同じ思いだったと思います。





なぜならば、今から我々が向かうのは

エチオピアのコーヒーの中で最高峰の地

「イルガチェフェ」なのです。




このイルガチェフェに行く為にツアーに参加した人は殆どで

僕も例外ではありませんでした。



もし、ここでツアーが中止になっていたら

きっと悔しい思いをしたと思います。




イルガチェフェへ行ける。


そう聞いただけで緊張はありますが力が

みなぎってきたのを憶えています。





イルガチェフェへの移動時間は10時間。



その半分の道は未舗装でオフロードです。

まるでラリーレースのようなドライブで睡眠不足と

食あたりの人たちには地獄のような時間だったと思います。




途中、トヨタのランドクルーザーにもかかわらず

悪路の為にパンクする車が続出しました。



その都度ストップしてタイヤ交換を待つ時間をジリジリと過ごし

すこしずつ参加者にストレスがかかり始めてきてたと思います。



実際、日に日にダウンする人も増えていました。




280.JPG




304.JPG




285.JPG





287.JPG





パンク修理を待つ途中で外に出てみると

強烈な日差しの中、畑に何か”すすき”のような物が

栽培されていたのでガイドにこれは何か?と聞いてみると、

「これはテフだ。テフはインジェラになる」と答えました。




290.JPG






インジェラ。



今回のエチオピアツアーで僕たち日本人を最も苦しめた

このインジェラはエチオピアの主食です。







テフは日本で言う「稗や粟」で通常は飼料になりますが

ここでは人間の主食になります。



テフを粉にしてお湯でコネ3日寝かせて発酵させ

鉄板の上でクレープ状に焼いて食べます。





このインジェラの味。


例えるならば「腐った雑巾」です。





これが食べられない人が多くいて、睡眠不足と食糧不足という

ダブルパンチになるとダメージが大きいのです。




ちなみに僕は、何故か分かりませんが

このインジェラが大丈夫で毎日食べました。




348.JPG







最初はかなりインパクトありましたが、スパイシーなおかずを

選んで一緒に巻いて食べると不思議と調和しました。





最後まで美味しいとは感じませんでしたが

生きる為の食糧だと思えば全然問題なく頂きました。





ちなみに、ダウンする人が多い中、

僕は何故か絶好調で日本より体調が良いという

いわゆるランナーズハイの状態でした。




ところで、

現地の人はもちろん毎日インジェラを食べますが

実は牛肉を生で食べる習慣があります。






屋台のような店に、牛が吊り下げられていて

肉を削ぎながら食べさせるお店がたくさんありますが、

当然、衛生的とは絶対言えず、かなり菌や寄生虫もあるそうで

我々は「絶対に食べてはいけない」と言われていました。




生肉にスパイシー(超辛い)なタレを付け、

インジェラを巻いて食べるのがエチオピアスタイルです。



僕たちのドライバーなぞは


「俺ら毎日、毎日、肉ばっかり食ってるぜ!

 野菜食わないといけないの分かってるけど

 やっぱり肉ばっかりだぜ!!わははっ!!

 やっぱり腹が出てくるぜ!!わははっ!!」


と陽気な会話をしていました。





そんなこんなで10時間のドライブを僕は楽しみながら過ごし、

いよいよ目的地イルガチェフェへと到着したのです。







324.JPG






コーヒーをやっている人間すべての憧れと

言っても過言ではない聖地イルガチェフェ。






そのイルガチェフェ・コンガ農協に到着。



大歓迎して頂きました。



327.JPG









イルガチェフェ・コンガ農協はこの辺りでも規模が大きく

高品質で知られている農協です。




イルガチェフェ地区にはこのような農協が8つあって

コチェレ・ハマ・ゴルビツ・ハフサなどなど。




同じイルガチェフェでも少し風味が違ったりして

面白いです。



そして、そのすべてが世界最高レベルの品質です。




イルガチェフェは世界3大テロワールのひとつで

 ■ エチオピア・イルガチェフェ

 ■ インドネシア・スマトラ

 ■ ケニヤ・ニエリ

というスペシャルティーコーヒーを代表する生産地です。




最近ではパナマ・コスタリカが加わって

5大テロワールと言われ始めました。



テロワールとはワインでも使われますが

その土地の気象条件や土壌の特性です。




気象条件や土壌の質、降雨量、寒暖差など

奇跡的な偶然が積み重なって神様のいたずらのように

素晴らしいコーヒーを生み出します。





同じ農園でも、山の反対側の斜面では

風味が変わってしまう。



それがテロワールです。


テロワールは決してお金では買えません。





素晴らしいテロワールに恵まれたイルガチェフェの景色は

この後、僕たちの予想を上回るような感動を与えてくれるのです。





334.JPG











つづく















posted by 大地の実 at 18:21| 豆記世界編2013DEC