2014年02月01日

小さな楽園。〜豆記世界編・コスタリカ〜






旅の楽しみのひとつにホテルがありますよね。




ホテルは普段の生活とは違った非日常の空間と時間。




コスタリカの首都サンホセは大都会です。

特に日本の1月2月はコスタリカは乾季に入り

真夏の観光シーズンのピークです。




アメリカ北部やカナダ在住の人たちが

日本で言う沖縄の感覚でバカンスに訪れるので

空港はごった返すほど賑やか。




首都サンホセで泊ったホテルは近代的でリゾート的な所で

ゴルフ場に隣接する素晴らしいホテルでした。

エチオピアとは天と地です!笑




380.JPG





377.JPG




370.JPG




007.JPG




観光大国でもあるコスタリカのホテルは本当に素晴らしく

話に聞くと他にもたくさん豪華なリゾートホテルが

たくさんあるそうです。







ところが。



そんな旅の途中、タラスという郊外の田舎に訪れた時、

僕は”素晴らしいホテル”に出逢いました。





そのホテルは決して近代的ではなく質素、

設備などは冷蔵庫も無いし、お湯もチョロチョロしかでません。




部屋はコテージ風の作りで10部屋ほどしかありませんし、

部屋の壁は薄くて、外を歩く人の足跡も聞こえます。




決して豪華ではありませんし、むしろ不便かもしれません。





でも、とっても、とっても魅力的なのです。



その小さなホテルの名前は、HOTEL CECILIA(セシリア)

女性オーナーの名前です。






実はこのセシリアに着いた時はすでに夜遅くて、

最初に案内された時は、設備のあまりの質素さと

部屋は暗いし、壁が薄くて声が筒抜けだし、

冷蔵庫もなく、お湯もほとんど出ないので、

「なんだ、外れか」なんて思いました。




120.JPG





122.JPG







でも、アテンドしてくれた現地のエクスポーターが

どうしても連れて行きたいホテルだったらしくて、

その夜の別れ際に「朝になったら楽しんでね」と

言い残して帰って行った理由が分かりませんでした。






翌朝、壁の薄さも手伝ってか、ものすごいたくさんの

野鳥の鳴き声で起こされた僕は、少し外を歩いてみようと

思って散歩に出かけると夜には分からなかった

セシリアの本当の姿がありました。





実はセシリアの敷地の周りはコーヒー農園と自然の森でした。





511.JPG




516.JPG




後で聞くとバードウォッチングの名所で鳥の数が凄い!

どうりで鳴き声が凄いはずです。



素晴らしい環境に立てられたホテルです。



そしてセシリアの本当の魅力は”装飾品”にありました。




言葉はあまり必要ないかもしれませんので

しばらく写真をご覧ください。







良く手入れされた小さな庭。

朝食を食べるテラス。

アンティークの椅子や戸棚。

彩り豊かな小物たち。




ここは小さな楽園です。





725.JPG





719.JPG





721.JPG






723.JPG





728.JPG





736.JPG





735.JPG





737.JPG






718.JPG






741.JPG






749.JPG






748.JPG






726.JPG




747.JPG





139.JPG





742.JPG






133.JPG





138.JPG





130.JPG





137.JPG





142.JPG






みなさんにも雰囲気は伝わりましたか?





この日も農園巡りで朝早く出発する予定でした。




でも、偶然の散歩で見つけたこの楽園に時間を忘れ、

本当に心を奪われるように見入ってしまいました。




朝食を頂いて出発するまでの時間だけ、

夢の国に迷い込んだような錯覚をしたように思います。






朝食も、シンプルですがジャムは手作り。

庭でとれたブラックベリーのジャム(これが絶品!)

クランベリーやグァバのジャムまであります。



おもてなしの心がそのまま伝わって

本当に心地よいのです。





写真にある花柄の可愛いフライパンやヤカン。

いろいろな小物たち、実は手作りです!






オーナーのマダム・セシリアの作品たち。





シンプルな材料にペンキでペイントアートしてあります。





ちょっとだけオーナーのお部屋を見せて頂きました。

恥ずかしいからあんまり撮らないで!と言われながらも

僕は Muy Bien!! (本当に素晴らしい!!)連発です。





764.JPG






765.JPG







766.JPG







マダムの部屋は工房になっていて、

たくさんの制作中の作品が並んでいます。






ひとつ、ひとつを作って、

自分の理想のホテルに近付けているそうで、

なんと僕たちが泊った部屋も手作りでした!!




新たに建設中の部屋もあり、こちらは息子さんが

一緒に大工として大活躍。




746.JPG





847.JPG







この世界観にすっかり魅了されてしまった僕。





理想の世界がここにありました。





自分の思うように楽しみ、

ゲストを心から楽しませる。







ゆっくりとした時間の中で、

本当の豊かさがここにありました。






ホテル・セシリア。




また訪れたいと本気で思った場所でした。





752.JPG







今もきっと、マダムは自分の部屋でコーヒーを

飲みながら作品をペイントしているはずです。




旅がくれた宝物の時間でした。






次回の豆記世界編は「ロイヤー」について

書こうと思います。



ロイヤーとはサビ病と呼ばれるコーヒーの病気。

実は現在、中米ではこのロイヤーが深刻な被害を出しています。

2012年以降、被害が拡大しているロイヤー。

瀕死の農家も出てきています。





コーヒーの影の部分であるロイヤーの問題は避けて通れない

キーワードを通して、本当の生産地の今をお伝えします。





お楽しみに!










posted by 大地の実 at 15:42| 豆記世界編2014JAN