2014年06月13日

日本人がバリスタ世界一!






昨夜イタリアで日本の珈琲の歴史に残る

素晴らしい出来事がありました。







僕は今もその興奮で何を書いていいのか、

いまだに余韻に浸っています。






ワールドバリスタチャンピオンシップ

日本代表 丸山珈琲 井崎バリスタ 優勝












ワールドバリスタチャンピオンシップでは日本はおろか、

アジアでも初めてのチャンピオンが誕生しました。





過去、日本人の最高位は9年前に島根県カフェロッソの

門脇氏が2位を獲得した事は有名です。





2年前は丸山珈琲の鈴木バリスタが3位。




届きそうで届かない世界一の壁を見事に

ブレイクスルーした井崎バリスタ。




もちろん、優勝という結果も素晴らしいですが

僕はこの大会での彼のプレゼンテーション内容と

使った珈琲豆は”夢”のコーヒーだと思いました。



世界中のコーヒーラバーが夢見た事を実現しました。



バリスタとしての夢、

ロースターとしての夢、



そして決して珈琲生産国にはなれない

日本の夢でした。





特筆しますが、けっしてCOEで素晴らしい得点を

獲得したコーヒーではありません。

でも、このコーヒーはお金を出しても

買えないような価値のあるコーヒーです。







僕はその世界に向けたプレゼンを見て

とても、とても感動しました。





こんな夢のような事が実現したの?



そう感じました。





コーヒー豆という一粒の種をめぐって

人と人が繋がり、共に分かち合い、

希望のある未来を作り出せるんだと言う事が

現実として可能なんだと。





このプレゼンを見て思いました。



丸山珈琲2014WBC競技内容



準決勝の動画







コーヒーに詳しくない人でも大丈夫ですし、

全く違うお仕事の人もきっと役に立ちます。


世界でもっとも”素晴らしい事”の価値観は

どんな業界でもやはり世界共通です。




僕たちが住む地球は青くて丸くて面白い!




posted by 大地の実 at 12:49| ブログ