2018年06月29日

夏のコーヒー。



少し湿ってモワっとして重たい空気が

まとわりつくような季節になってきましたね。



冷たいコーヒーが恋しい季節です。



丁寧にドリップして作る、香り高く、

キリリとした苦味とコクのある風味の

急冷式のアイスコーヒー。



じっくりと冷水につけて作る水出しコーヒーは

まろやかで甘く、チョコレートのような風味です。




どちらも魅力的ですね。



6月からアイスコーヒーのスクールが始まっています。

(7月も、もうすぐ満席になりそうです)




毎年、好評のアイスコーヒーブレンドも登場。


そして、水出しコーヒーパックも販売しております。


詳しくはネットショップページをご覧ください。


新しいラインナップとして

インド アラクバレーとグアテマラ エルソコッロ農園も登場しております。




そしてもうすぐ【お中元】のシーズン。

今年も夏ギフトを販売しております。



IMG_4590.JPG




熨斗は料サービスで、

送料は全国一津600円
(北海道・沖縄・その他離島は1000円)


こちらも既にご予約受け付けております。
(発送は7月中旬)



いつもお世話になっている大切な方へ、

きっと喜ばれる贈り物になります。





皆様も、夏もたっぷりコーヒーを楽しんでください。







posted by 大地の実 at 18:36| 珈琲豆のこと

2018年05月12日

母の日ギフトありがとうございました。




カープも好調で、

なんだか気分の良い5月を過ごしております。



コーヒー屋にとって5月の大きなイベントとして

母の日がありますが、今年もたくさんの方に

プレゼントとしてご利用いただきました。




大切なプレゼントとして当店のコーヒーを

選んで頂けることがとても嬉しく、

また、身の引き締まる思いです。




それに、今月は東広島市の食品衛生協会から

「優良施設表彰」を頂きました。




数ある飲食店の中から当店が選ばれたことは

光栄に思います。



表彰式なども盛大に開催されて、

懇親会では地域のベテランたちと

予想以上に親睦を深めることができたので

ありがたい機会でした。





母の日ほど盛り上がりませんが、

来月の6月17日は「父の日」もあります。



コーヒー好きのお父さんに

ちょうど良いブレンドをつくろうと思いますので

ぜひお楽しみに!!

















posted by 大地の実 at 18:56| 珈琲豆のこと

2018年02月21日

国際品評会 準優勝豆、もうすぐなくなります。





少しづつ暖かい日が増えてきました。



春はもうすぐですね。



さて、国際品評会で準優勝したコーヒー豆の

ニカラグア ラスプロメサス農園がもうすぐなくなっちゃいます。


この豆は90.05点を獲得したとってもレアな豆で

90点以上付く豆は世界でも稀です。



スペシャルティコーヒーが80点以上。

トップレベルで85点以上。


90点以上となると、

ワタクシ自身も数回しか体験したことありません。




マンダリンオレンジのような甘い柑橘の風味と

サクランボやアプリコットのような果実感。




ハチミツやシロップのような甘味もあって

素晴らしい透明感も備えています。




普段飲んでいるコーヒーの風味とは

全く違うので驚かれる人も多くて

新しいコーヒー体験になります。



コーヒーにとって一番大切な要素である「風味」。



フレーバーや香味とも呼ばれますが、

素晴らしい風味のあるコーヒーが

やっぱり、最も素晴らしいコーヒーとなります。





コーヒーと言えば

あの「香ばしくて、ほろ苦い」風味を

思い浮かべる人が多いけれども、

素晴らしいコーヒーの風味は

もっと、もっと、無限の素晴らしい風味があって、

甘いフルーツのような風味やチョコレートやキャラメル、

スパイスやハーブ、ワインのような印象のある

コーヒーもあるんですね。




なので、固定概念や先入観を

一切取っ払って楽しむと

本当に面白くて魅力的なのが

今の時代のコーヒーです。



ぜひ、本物の世界トップレベルのコーヒーを体験してみてください。




ぶっ飛ぶような驚きがございます。




さあ、コーヒーを楽しもう!






posted by 大地の実 at 18:36| 珈琲豆のこと

2018年02月08日

【週刊豆記】冬は寒いけれども。



2018年の2月はとても寒いですね。

東広島の朝の気温は ー8℃ !

インフルエンザも大流行ですので、

皆様もお気を付けください。



ところで、冬の焙煎について最近思うことが。


やっぱり冬は焼きやすい!!


コーヒーを焙煎することは、火を使うのですが、

基本的には温めた空気を使って豆を焼いてゆきます。



冬は低気圧の影響で空気も軽くて、

気温も低いので空気の流れるスピードが

スムーズになるんです。



いつか、読んだ本に、

京都の焼き物の大家である「樂」は

冬にしか窯を焼かないそうです。




夏の窯では、焼き物に火が入らず、

土から焼き物に変えることが出来ないそうです。



おそらく、髪の毛ほどの水分量の残り方が、

土と作品を分ける大きな差になるんだと思います。



樂の当代が言った

「夏は火の神様のご機嫌が悪い」という言葉を思い出します。



たしか、魯山人も同じようなことを書いていました。





まったく同じとは言いませんが、

コーヒーを焙煎するのも同じような気がします。




夏は、高気圧の影響が大きく空気が重たいので

空気の流れが悪くなります。

湿度も高くなります。




冬のように焼いても、

風味が重たくなったり、

香りが開花しきれなかったり

いろんな悩みが増える季節です。








また、同じように焼いても、

日々、わずかながらに少し違うのです。



もちろん基準は、味です。



専門用語を使うと、

投入温度を少し変えたり、

火力調整を少し変えたり、

排気バランスを少し調整したりして

その微妙なズレを日々修正します。



そのズレは微妙すぎて

お客様には気づかれないかもしれません。
(多分気が付きません)



どんピシャリと合うこともあれば、

また少しズレることもあります。




そんな風に、コーヒーを焼いております。




何が言いたいかと言いますと、

コーヒー屋は冬が大好きなんだってこと。

(売り上げもいいしね!)



コーヒー屋のトップシーズンですので

ぜひお楽しみくださいね!


さあ、コーヒーを愉しもう!





















posted by 大地の実 at 18:40| 珈琲豆のこと

2017年10月13日

エスプレッソの豆にルールはなし。




最近は自宅でエスプレッソを楽しむ方が増えています。




デロンギとかボンマックとかの

家庭用エスプレッソマシンも売れ行き好調のようです。





エスプレッソと言えば、よく聞かれるのが

「エスプレッソ用の豆はどれですか?」





実はエスプレッソはどんな豆でも使えるんです。





エスプレッソ = 深煎りの豆

というのはイタリアの伝統的なスタイルで

日本人はバブルの頃に初めてテレビで紹介された

イタリアンエスプレッソの大流行で

エスプレッソ = 超苦い、超濃い

というイメージになっております。




スタバもアレンジに向いている深煎り豆を使います。





そんな感じで、エスプレッソのイメージが出来上がってゆきました。





ところが世界で一番コーヒーを飲む国でもある

スウェーデンなどの北欧やオーストラリアでは

焦がした深煎りでエスプレッソは淹れません。




中煎りや中深煎りで淹れたエスプレッソは

濃密な液体ではありながら、

フルーツ感のある甘味と良質な酸があります。




お砂糖なしで、美味しく飲めます。




ちなみに、エスプレッソにお砂糖を入れるのも

イタリアスタイルでロブスタ種たっぷりの味を

そのまま飲めるわけもなく、しょうがなく入れているのです。




上質なアラビカ種を使うスタイルでは

お砂糖をいれないで楽しむのが定番です。

(もちろん、入れてもおいしい)





さて、とはいえエスプレッソという抽出方法には

いくつか特徴があって、それを知っておくと便利です。




【特徴その1】酸味が強く出る特徴がある。


豆を細かく挽き、20秒〜30秒という超短時間で淹れるため

酸が出やすい為、中煎りなどの焙煎では気を付けなければならない。




焙煎の浅い豆をエスプレッソにする場合、

抽出に失敗することがあります。



酸っぱいと感じたら失敗です。



粉のメッシュ調整、粉の量、タンピングの強さを

程よく調整すると、酸がまろやかになり丸みを帯びます。



すると甘みを感じるはずです。



うまく抽出できるとフルーツジャムのような印象で

非常に甘く余韻のあるエスプレッソになります。




【特徴その2】乳化が決めてとなる



エスプレッソといえば、濃厚でドロドロした液体と思われがちですが、

おいしいエスプレッソでは濃度にとらわれません。






サラサラしたエスプレッソもあり、

トロトロしたエスプレッソもあります。







どちらも、豆の風味(フレーバー)を活かす抽出であれば

それが正解です。




ただし、どんな場合でも必ず「乳化」していなければ

おいしいエスプレッソにはなりません。





乳化とは、

コーヒーオイルとお湯が一体になることで、

エスプレッソに十分なコーヒー成分が入っていることです。



サラサラ系のエスプレッソでも

ただシャバシャバとお湯が流れたような

エスプレッソでは水っぽくてまずい。




しっかりと成分が乳化しつつサラサラなら、

花開いたようなフレーバーと素晴らしい余韻を感じます。





最近では、色んなお店やバリスタのエスプレッソを飲む機会があって、

その都度、新しい学びと発見と体験があります。



おいしいエスプレッソって何かを知りたければ

たくさんのエスプレッソを飲むしかないのです。





エスプレッソとは、

抽出方法のひとつに過ぎません。





ドリップコーヒーの味にいろいろあるように、

エスプレッソの味にいろいろあって当然なのです。




先日の東京のコーヒーイベントでも

信じられないような、

おいしいエスプレッソを飲みました。




フルーツの果汁を濃厚に絞ってシロップを入れたような

ものすごい甘味とフレーバーと余韻がありました。




もちろん、そんなエスプレッソは稀で、

どこでも飲めるようなものではありません。





ミルクを使ったラテにする場合でも、

おいしいラテを作るなら、

おいしいエスプレッソが必須になります。




深煎りで作る、いつものラテもいいですが、

違う焙煎度合いで作ってみるのも面白いです。



むしろ、甘味と果実感がある方が

ワタクシは美味しいと思います。





ただ、エスプレッソを難しく考える必要はありません。



いくつかのコツはありますが、

慣れてしまうと簡単な抽出です。





ぜひ、皆様も楽しんでください!


























posted by 大地の実 at 18:29| 珈琲豆のこと