2015年10月21日

パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ



とても、素晴らしい珈琲豆の新登場です。



■パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ FW



もはや説明も必要ないほど有名なコーヒーが届きました。

検索するといっぱい情報が出てきます。笑




世界で最も”美しい香り”を持つと言われ、コーヒージュエリーと称される特別なフレーバーも持つコーヒーです。



甘い花のようなフローラルな香り、ベルガモット、ピーチ、スイートレモン、カシス、ラズベリー、チェリーのような明るくて甘く爽やかなフルーツのような圧倒的なフレーバー。


アカシア蜂蜜のような甘みとシロップのような粘性のある舌触り。



極めて高い透明感はスーパークリーンカップ。





このゲイシャ種という品種は、エチオピアに自生していた原種です。

それをエスメラルダ農園がパナマで栽培したところ、

とんでもないフレーバーも持つコーヒーが生まれたのです。




コーヒーのオークション取引の世界最高記録を作り、

それは今も破られていません。




海外のトップバリスタやトップロースターは言います。

「コピ・ルアクやブルーマウンテンのようなコーヒーを高い値段で買うなら、

同じ値段でエスメラルダのゲイシャを買え。」



日本人の珈琲関係者には耳が痛い人が多いですね。




僕もエスメラルダ農園のゲイシャは過去に一度しか飲んだ事がなくて、

しかもその時飲んだお店が”中深煎り”に焙煎していたので

本来のフレーバーはよく分からないままでした。笑




エスメラルダ農園のゲイシャの最も素晴らしい所は

弾けるような明るい酸と複雑なフレーバー、そして素晴らしい甘みにあります。




焙煎が進むと、その持ち味が消えてゆき、

ローストの香りが付き、苦みが出てきて

クリーンさは失われます。



そうなると、エスメラルダ農園のゲイシャでなくても良くなってくるんです。



きっと、エチオピアのイルガチェフェやコロンビアの豆でも同じような

カシスやダークチェリー系のフレーバーは出ると思います。



10倍のお金を出してまで深煎りにすると、あまり意味が無いのです。
(もちろん、深煎りにしても十分に美味しいですが)




今回のエスメラルダ農園のゲイシャも数量は少ないですので、

無くなり次第終了となります。




一生に一度は体験して欲しい珈琲。




パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ


50g(5杯分) 1500円(1620円)

100g(10杯分) 3000円(3240円)

特製ドリップバック(1杯分)300円(324円)





さあ、世界最高のコーヒーを楽しもう!












posted by 大地の実 at 16:37| 珈琲豆のこと

2015年10月10日

僕のGPS。





今日、明日と東広島・西条は「酒祭り」で賑わってます!



EARTH BERRY COFFEEは会場から300mくらいですが、

通り違えばとはよく言ったもので穏やかな日でございます。




さてそんな酒祭りですが、明日僕は神戸に出張します。


ジャパン・コーヒーロースティング・チャンピオンシップという

競技大会の日本予選が開催されます。



これは、焙煎の個人大会で優勝すれば日本代表として、

世界大会へ出場できます。



予選の流れは「課題豆」を各自焙煎して会場へ持参。

その時に、グリーングレーディングの競技も行われます。

(分からないですよね、、笑)





とにかくも、この課題豆を上手く焙煎する事が

最も大切なのですが、今年から課題豆の

プロフィールが非公開になりました。

生産国、生産地、処理など全て秘密です!!




なんとなくは当たりが付くのですが

焼いてみないと分からない事が多く、

結果として焙煎技術の差が表れるという

非常に面白い競技会なのです。




5kgという限られた量で最大限のパフォーマンスができるか。




僕の場合は、プロバットの5kgタイプなので

最小でも1kgしか焙煎できません。

チャンスは5バッチ!



僅かな火力バランスで大きく味のイメージが変わるので、

とにかく一回、一回が、真剣勝負。



明日の提出なので今朝6時から

額に汗かきながら焙煎しました。



やみくもに焙煎しても美味しくなりませんので、

おおまかなプロファイルはすでに数日前から

お店の豆を使ってデモンストレーションしながら

すでに腹を決めておりましたので、

今日は設計図とおりできるかどうか。



焼いてはカッピングして確認。

焼いてはカッピングして確認。


これをひたすら繰り返して細かい修正をして行きます。



5kg焼くのに3時間かかりました。笑



焙煎から8時間後に最終カッピングをして

提出豆を決めます。


どの豆をチョイスするかも技量ですし、

明日のグリーングレーディングも大切な種目です。



僕はこの大会2回目の参加ですが、

最初は散々な結果でした。




そこから1年。




自分がどこまで通用するのか、

自分の正確な立ち位置はどこなのか。

何が不足しているのか、

何を努力すればよいのか。

いろんな事が分かるんです。


競技会は僕のGPSなのです。


辛口ながらきっと教えてくれるはずです。笑



失敗して上達できるし、

たくさん恥をかいて本物になれる。



さあ、今年も赤っ恥をかいて来ます!






























posted by 大地の実 at 14:49| 珈琲豆のこと

2015年09月09日

宣伝ではない。





宣伝ではありませんが、

面白いタイトルの本を見つけました。



11059938_942234089175406_3873990777870962271_n.jpg





美味しいコーヒーを求めて世界中を飛び巡る

コーヒーハンター川島良彰氏の新刊、

『コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味しいのか』





それを言っちゃ、おしまいですぜ!!笑



高級ホテルのコーヒー 1000円

コンビニコーヒー 100円




「え〜〜!!!??」と思われた方いますか?

しかし、これはれっきとした事実です。




10月発売の本なので読んでないのですが、

確信を付いたタイトルでホテル関係者の人は冷や汗ものですね。







皆さん、実際に高級ホテルで美味しいコーヒーを飲んだ経験がありますか?


(ない!)という多くの声が聞こえました!



ではなぜ、高級ホテルでは高いコーヒーが美味しくないのか。




理由はシンプルです、

大手食材業者から安い業務用の粉を買って、

接客係がコーヒーメーカーで淹れるからです。



コンビニでさえ、1杯づつ豆から挽く時代に

ホテルやレストランでは、安い原料のコーヒーを

焙煎から数カ月経った、しかも粉のコーヒーを使う

ところが多いのが現実です。

(ほぼ100%の確率でロブスタ種がブレンドされている)



また、料理にこだわっているホテルやお店でも

コーヒーは料理人が入れずホールの接客係に

まかせている所が殆んどです。

ところが、施設の利用代としてコーヒーの値段は高い。



婚礼やパーティーなどは手間など

いろんな理由がありますが、

この事はずっとこの先もあまり変わらないでしょう。







その代り、新しい形で美味しいコーヒーを提供する

ホテルも増えてきています。



典型的な所をご紹介します。

宣伝ではありません。


東京ゲストハウスtoco.(トコ)


東京のホステル, ゲストハウス, バックパッカーズ | Nui.(ヌイ)


ゲストハウス Len 京都河原町




外国人向けのゲストハウスですが

東京のオニバスコーヒーさんの自家焙煎珈琲を使い

エスプレッソマシンでバリスタがコーヒーを提供しています。

もはや、今流行のコーヒースタンドも顔負け!



実は先日、京都Lenに妻が潜入調査へ行ってきました!


宿台は安くても、朝のコーヒーはビックリするくらいおいしい。




まったく新しい魅力でリピーター続出で

常に稼働率がフル状態の人気ホテルになりました。






それに、東京などの都市部のレストランでは

コーヒー豆は地元のコーヒーロースターから

調達するお店が増えています。





理由はシンプルに新鮮でおいしい、

そしてそれは、お客様が一番知っているから。




コーヒーにも、きちんとこだわるお店は

お客様からみても魅力的ですよね。





東広島のお店もコーヒーにこだわるお店が増えたら

きっとお客様も増えることでしょう!



そして、ここからは宣伝です。笑


そんな時は、ぜひアースベリーコーヒーにご相談ください。

お店のコンセプトに合ったおいしいコーヒー豆をご用意します。

また、抽出方法や提供方法などもご提案できます。




どうぞ、よろしくお願い申し上げます!




posted by 大地の実 at 18:28| 珈琲豆のこと

2015年09月05日

9月の珈琲スクールと新しい豆!






最近ブログ更新に間が空きます。


理由はシンプルで、自称ブロガーの僕が家事を

担当する事が増えたのです。笑




お店のお仕事も忙しくさせて頂いているのもありますが、

暇を見つけては書いて行きます!





今日はお知らせが2つ。



来週明けの9月7日(月)10:00より

9月のコーヒースクールの募集を開始します。



詳しくはホームページで




9月からはホットコーヒー編に戻りまして、

おうちで美味しくコーヒーを淹れるコツとヒントを

楽しく分かりやすく体験して頂きます。




そして、新しい豆の新登場です!




■ パナマ バンビート農園

チェリー、ピーチ、マンダリンオレンジのような

甘くて爽やかな風味が素晴らしいです。

なめらかでクリーン。透明感ある上質なコーヒー。



昨年大好評頂いたバンビート農園のニュークロップです。

楽しみなコーヒーが新登場しますので、

お楽しみに!
































posted by 大地の実 at 18:02| 珈琲豆のこと

2015年08月21日

【新しい豆】ケニヤ キワマイナ 新登場!



昨日から妻が京都へ出張へ行ってまして、

僕と息子2人との生活をしております。
(とはいえ1泊2日)





次男(5歳)は初めて母親と離れて寝るので

ちょっと心配していましたが、全く影響なし!!笑

ぐっすり眠ってスッキリ起きました。







長男(7歳)は普段やらない、

洗濯や、食器の片付けも手伝えました。






男チ―ムでの生活もたまには楽しいです。





さて、明日から新しい豆が新登場します!



【ケニヤ キアマイナ】 シティロースト

素晴らしい甘味が印象的で、完熟した柑橘。

そして、巨峰、カシスのような風味があります。

ボディも豊かなので余韻も長く、爽やかで甘い後味。


キアマイナ農協は近年では貴重になったケニヤのニエリ地区

にあってケニヤでも特に良い風味を誇るテロワール。


素晴らしいケニヤコーヒーです。




今回は焙煎をどうするかとても悩んだのですが

何段階かにサンプルローストして一番魅力的だと感じた

シティローストにしています。



EARTH BERRY COFFEEでは珍しく少し深めの焙煎ですが、

嫌な苦にが出ないように細心の焙煎をしてキアマイナ特有の

完熟したオレンジやグレープフルーツ系の爽やかな酸と

カシスや巨峰のような紫系の果実感が一体になった

特別な風味を感じて頂けると思います。





新しいコーヒーとの出会い

アースベリーコーヒーでご用意しております。






ぜひ体験して下さい。






posted by 大地の実 at 15:19| 珈琲豆のこと