2017年01月13日

夢カフェ@東広島





「夢カフェ@東広島」とは

子育て中のママやパパが

子育てについておしゃべりするイベントで

今年で3回目の開催です。




アースベリーコーヒーも

おいしいコーヒーでお手伝いします!



夢カフェ2.jpg




そして、こちらはなんとパパ向け「夢カフェ」!



夢カフェ1.jpg




今回が初めての試みです。

ワタクシが講師を務めさせて頂きますので

よろしくお願いします!



お申し込みはコチラ

サムエル東広島こどもの園 082−420−4300 
担当 迫田・信藤


ぜひ、ぜひ、ご参加下さいませ!




posted by 大地の実 at 18:43| ブログ

2017年01月06日

それはまるで、キラキラと輝くような。



謹賀新年

皆様明けましておめでとうございます!

お正月はいかがお過ごしでしたか?




我が家では、親戚も集まっての賑やかな

お正月で、子供と一緒にタコ上げや

モチ焼きにTHE正月らしいお休みでした。




穏やかな天気で無風状態でのタコ上げは

ただ走るという地獄のような時間となりました。



そして、七厘の炭で焼くおモチは

なかなか奥が深いのでありました。



火が強いと焦げて苦くなるし、

弱いと外ばかり硬くなるのです。




ひたすら焼き続けて(30個以上)

ちょうど良い火加減を見つけると

ポワーンと綺麗に膨らんだ

外はパリパリ中はモチモチふんわりの

極上のモチが焼きあがります。




そして焼きあがったモチを

これまた炙ったパリパリの海苔と

ちょっといい砂糖醤油に付けて

アツアツを無心でかぶりつく。




「何コレ、、めちゃうめーわ、、いつものモチじゃねーわ、、」


小学生の甥っ子がそう呟いた時の

ワタクシのこみ上げるような

達成感は半端じゃ御座いませんでした。









そんなお正月でした。





話を戻して、

アースベリーコーヒーは本日より

通常営業がスタートしました。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





前回のブログでも書きましたように、

昨年から共同買付けグループに入り

世界最高レベルの高品質なコーヒーを

仕入れる事が出来るようになりました。





なぜ、僕たちは高品質なコーヒーを手に入れるかというと

単純に「おいしい」からなんです。




もちろんストーリーなどもありますが、

とにかく「おいしい」のです。





EARTH BERRY COFFEEが考える

「おいしいコーヒー」の3つの定義があります。




1、【素晴らしい甘さがある】

  完熟したチェリーを丁寧に収穫することで

  得られる素晴らしい甘みがある。




2、【綺麗な透明感がある】

  丁寧な収穫と選別がなされ未熟豆や欠点豆が極めて少なく

  コーヒーに綺麗で美しい透明感がある。  




3、【素晴らしい風味特性がある】

  生産地ごとに生まれるフルーツのような爽やかで甘い風味や

  チョコレートやキャラメル、スパイスなどの魅力的な風味が

  コーヒーの味わいの中にとても複雑に感じられる。







この3つの条件をクリアしたコーヒーを

単純にスペシャルティコーヒー(特別なコーヒー)と呼びますが、

その個性は、本当に様々な魅力に溢れています。




EARTH BERRY COFFEEでも年間通して

15〜20アイテムのスペシャルティコーヒーを販売します。

ブレンドを含めるともっと多いですね。





そんな特別なコーヒーの風味には

実は共通点があるんです。




たまに、お客様から

「ここのコーヒーは○○○ですね」

と言われることがあって鳥肌が立つ事があります。





正解は



「明るい」です。






「????」と思われるかもしれませんね。




でも、僕たちが焙煎する時に必ず

目指す味わいは「明るさ」を感じられる

ように焙煎することです。

いくら素材が良くても焙煎が未熟だと、

この「明るさ」を失うこともあります。

素材のレベルに応じた焙煎技術も必須なのです。






これは深煎りのコーヒーにも当てはまります。




先ほどの、

おいしいコーヒーの3つの条件の

素晴らしい甘みがあって、

綺麗な透明感があって、

素晴らしい風味特性がある。



そんなコーヒーを焙煎すると

必ずある特徴が現れます。





”キラキラと輝く”ような味になるんです。






これは特別なコーヒーにしか現れない風味です。




これがとても「おいしい」のです。

そして「美しい」のです。



僕たちはこの美しさを「明るさ」と表現します。

決して酸味の強さ(酸っぱさ)ではありません。




中煎りの苦みの少ない焙煎ではもちろん。

深煎りのダークローストでもキラキラ輝くような感覚が残ります。







僕自身、このキラキラした輝くコーヒーの風味がとても大好きです。



本当においしいと思います。

コーヒーに「美」を感じられる瞬間です。





そして、全国各地を見ても

なかなか出会えないコーヒーでもあります。







EARTH BERRY COFFEEは

そんなキラキラ輝くコーヒーを

皆様にお届けしたいと思っております。




東京や大阪へ行かなくても

身近においしいコーヒーが

楽しめるお店として。




我々も今年一年間を

キラキラと輝けるように

頑張って参ります!




どうぞよろしくお願い申し上げます。








posted by 大地の実 at 18:13| ブログ

2016年12月29日

2016年もありがとうございました!



朝の空気も冷たくキリリと引き締まっています。

気持ちも年末ということもあって

つい忙しなくなってしまいますね。





EARTH BERRY COFFEE も明日30日が2016年最後の営業となります。




今年から始めたハッピーバック(福袋)も

おかげさまで大好評頂いております。



さて、今年2016年を振り返ってみると

やはり色々なことがありました。



今年の5月には妻の美恵がルワンダのコーヒー農園を旅して、

8月には僕がブラジルへ旅してきました。



僕は3度目の産地訪問でしたが、

美恵は初めての産地でしかもアフリカという

レアな体験をしました。



ルワンダの旅のお話





帰ってきてから、

コーヒーの世界観が変わったと言います。


僕も初めての時はそうでした。


コーヒーチェリーが木になっていることだけで感動。笑

チェリーの甘酸っぱい風味。

初めて感じる赤道の日差しの強さ。

コーヒー農園や処理場のにおい。

作ってる人たちの真剣な顔。

大笑いしながら食べた食事の時。

彼らと真剣に話したコーヒー栽培の話。

彼らの暮らしぶり。

彼らの愛する家族たち。

僕たちはお互いを必要としていました。








コーヒーは工業製品ではなくて、

人が作る農作物なんだと初めて実感しました。




日本だけでコーヒーの焙煎をやっていると

どうしても職人気質な部分が出てきて

ストイックになったり完璧主義になりがちなんです。





でも、コーヒーが木になっているところを見て

作ってる人と話すと考え方がガラリと変わります。




「おおらかに」コーヒーを見ることができるようになるんです。



ちょっとした変化や悪い部分があったとしても

それはもう気にならずに良いところを

伸ばすことができるようになります。




簡単に言うと、

「視野が広がって器が大きくなる」と思います。

楽しむことができるようになります。



美恵もルワンダから帰ってきて

焙煎を本格的に初めて

夏にはコーヒーマイスターも取得しました。


今では僕と互角に焙煎ができるようになりました。




そして、今年の8月のブラジルも

たくさんの出会いと学びがありました。




ブラジルの旅のお話


世界最大のコーヒー生産国であるブラジルの

コーヒー栽培は他の国の方法と全く違って

農業と言うより最先端の会社経営でした。



近代的な機械を導入し

コンピューターで農園の木や収穫時期を

すべて細かく管理して効率的に経営します。






でも、ほかの国と共通するのは

みんなコーヒーが好きだということ。







それは、地球の反対から訪れた我々も同じなのです。




どうしたら「美味しいコーヒー」を作ることができるのか。




みんな同じ目標に向かって歩んでいました。




そんな気持ちで作られるコーヒーを

日本の僕たちはどうすべきなのか

真剣に考える日々が続きました。



ただ焙煎して売るだけが

コーヒー屋の仕事ではないと思ったんです。




産地の想いと、

お客様の想いの

懸け橋になりたいと思いました。





そこで、実はこの9月に

EARTH BERRY COFFEE は大きな決断をしました。





共同買付グループ「C-COOP」のメンバーに

正式に参加することにしたのです。



この買付グループは日本でも屈指の

高品質な素材を誇るグループで

世界でもトップクラスの買付グループです。


その代わり、先払いだったり

コンテナ単位なので配分数も多くなり

資金的に、財務的に大きなリスクを

背負うことにもなります。




でも、これから先、EARTH BERRY COFFEE が

東広島、そして広島の皆様に世界トップクラスの

本当においしいコーヒーをお届けしたいのと、

生産地とお客様の懸け橋になるには、

最も大切な「素材」から逃げることはできないと

思ったからの決断でした。





魯山人が言っています。

==========

料理とは結局のところ素材が9割である。

技術や設備や環境も大切だが、

それらすべての最高を用いても

素材以上の持ち味は出せない。




美食を極めるということは

即ち素材を極めることにほかならない。

一流の料理人、一流の美食通とは

一流の素材を知り、極めることにある。


==========



これは、コーヒーにも同じことが言えると思うんです。



最近は自家焙煎のお店が増えて来ています。

しかし、その多くはコーヒーの専門家でもなく

まして本格の修行をしていない人たちがほとんどです。

(もちろん素晴らしいお店もあります)



たまに、彼らと話をする機会があると

どんなコーヒーを出したいの?

どんなテーマの焙煎をするの?

と聞くと「分からない」という答えが

返ってきて驚いたことがありました。



中には

「僕はコーヒーの味が分からない。」

という自家焙煎のオーナーもいました。

これから勉強する気もなさそうなのです。



自分が焙煎をやりたいだけで、

お客様の事を考えている人が

実はとても少ないことを実感しました。



そして、そんな志の低いお店の

肝心の素材を見ると判で押したように

スペシャルティコーヒーと書きながら

低級品(スペシャルティじゃないもの)を

平然と販売されています。




一生懸命に頑張ってスペシャルティコーヒーを

栽培生産している産地の人が見たら

きっとガッカリすると思います。




おいしいコーヒーなのか、そうでないのかを

判断されるのは、もちろんお客様です。





しかし、EARTH BERRY COFFEE は

正真正銘、本物のおいしいコーヒーを

お届けしたいと思っています。




その結果は10年、20年後に出ると思っています。



今年の9月にグループに正式加入して

10月から豆が届き始めました。



まず一番感じたことは

ブレンドが美味しくなったことです。



今まで使っていた豆も良かったのですが、

このグループのブレンド用の豆は

ブレンドに最適な豆を買い付けているので

ブレンドに使うと素晴らしいベースとなりました。




そして、シングルオリジン(ストレート豆)は

言うまでもなく世界トップクラスの品質でした。



僕たちは、

最高の素材を手に入れることが

できるようになりました。




グループで定期的に開催されている勉強会では

世界最高水準のコーヒーの勉強をすることができます。


焙煎も抽出も、

今、確実に高い技術を習得しています。



僕たちは新しいスタートラインに立ちました。

最も高いレベルの世界へ入りました。




でも、やることは今までと同じです。




皆様へおいしいコーヒーをお届けすること。



本年も、格別のお引き立てを頂き誠にありがとうございました。

2017年も引き続きご愛顧の程を賜りますよう、

お願い申し上げます。



それでは皆様、

良いお年を!!




posted by 大地の実 at 15:18| ブログ

2016年12月09日

お歳暮シーズンです。



お歳暮の季節ですね。




EARTH BERRY COFFEEでもお歳暮セットが好評です。

おかげさまで、毎年少しずつご注文数も増えてきております。




今年のお歳暮ギフトセットは

ピープルツリーのフェアトレードチョコレートとセットです。


*ピープルツリー



そして、2種類のセットをご用意しました。




基本のAセット

2844.JPG



どなたにも、喜んで頂ける「基本のAセット」は

ブレンド100g
シングルオリジン100g×2
チョコレート2個

化粧箱入り(のし無料)で2850円(3078円税込)






そして、贅沢なBセット


2841.JPG




お世話になった大切な方や、特別な人へ、

充実の内容の「贅沢なBセット」


ブレンド100g×2
シングルオリジン100g×4
チョコレート2個


いろんなコーヒーを飲み比べできる楽しいセットで、

4800円(5185円税込)です。



オンラインショップでも購入できますので、

ぜひご覧ください。


EARTH BERRY COFFEEオンラインショップ





ところで、コーヒー屋である僕は、

お中元やお歳暮などの送り相手も

コーヒー関係者だったりするので、

コーヒーを贈れない事もあります。(困ります)



そんなワタクシのギフト事情を勝手にご紹介しますと、

冬の定番(お歳暮など)は広島にある燻製屋

燻製シマヘイの手作り燻製にしています。




素材にこだわって、

丁寧に作られる燻製は

塩分(塩味)もやわらかく、

ビールにはもちろんワインにも合います。


毎年の定番として贈ると喜ばれます。
(ハムに飽きたらオススメ)





ちなみに、夏のギフト(個人)の定番は

大崎上島に岩崎農園さんの手作りフルーツジャムの

詰め合わせにしています。



こちらも、自家農園で育てた無農薬のフルーツを

丁寧にジャムにされていて人気のギフト。


甘さは控えめで素材の甘みを活かしていて

ものすごくたくさんの果物を使うので

ジャムとは思えないくらいリッチな風味です。




燻製シマヘイも岩崎農園さんも

いつも仲良くしてもらっている人たちで、

丁寧に物作りをされる人たちです。





人柄も出ているので美味しいに決まっております!笑




皆様にも、

EARTH BERRY COFFEEがギフトの定番だと

言って貰えるように頑張ります。






どうぞ、よろしくお願いします!




posted by 大地の実 at 15:15| ブログ

2016年10月04日

4周年、ありがとうございます!



アースベリーコーヒーは10月1日で4周年を迎えさせて頂き、

4周年のイベントでお客様感謝祭を開催しました。




雑貨JaParisさんも同じく4周年なので同時開催した

ポップアップストアでは、なんと開店2時間前から

お客様が並ぶという超人気ぶり!!!



そして、

後輩のパン屋で、西条でも人気店になった

天才パンアーティストこと

ブーランジュリ・シェ・ジョルジュのふるまいパン。

今回は僕がブラジルに行ったという理由から

ブラジルの国民的人気パン「ポンデケージョ」を作ってくれました。

なんと、彼自身、見たことも、食べたこともないという

ポンデケージョを作るという、過酷な挑戦にチャレンジしてくれました。


結果、ブラジルで食べた奴より、はるかに美味しい

ポンデケージョを完成させてくる辺りはやはり天才なのでしょう。





さらに、

日本を代表するトップバリスタ神原さおりさんが

目の前で淹れる神レベルのふるまいラテ。




お店で歓声が上がったのは、初めてです。



まるで魔法のように美しいラテアートが生まれて、

それをひとくち飲んだら、さらに驚きの歓声です。



そう、使った豆は、この日の為に焙煎した

幻の森の珈琲 エチオピア ベレテゲラです!



ストロベリーやキャラメルのようなフレーバーがあって

ミルクと合わせると、ひとつのスイーツ作品のようです。


こんな風味のカフェラテは、

みなさん初めて体験されたのではないでしょうか。




お客様への感謝の日のつもりでしたが、

僕たちスタッフ皆が楽しんでました!笑



きっと、お客様にとっても

僕たちにとっても最高の一日になったと思います。



この仲間たちのおかげで、

今のアースベリーコーヒーがあります。




今年は5月に妻・美恵がルワンダに行き、

僕も8月にブラジルへ行きました。


スタッフ全員がコーヒーマイスターになり、

お店のレベルもグッと上がりました。


そして、この9月から共同買い付けグループの

C-COOPに正式に参加することになりました。

全国でも、いや世界でも屈指の高品質コーヒーを

生産国から直接ダイレクト・トレードするグループで

日本全国で活躍するコーヒーロースターの集まりです。



この事で、アースベリーコーヒーは日本でも、いや世界でも

トップレベルの素材を調達できるようになりました。

これは、本当に大きなターニングポイントです。






プロバットでの焙煎も、カッピング技術も

ようやく全国で勝負できるレベルになりました。





アースベリーコーヒーは

いよいよ、ここからスタートします。



4年も経ってようやくスタートか!?と

思われるかもしれませんが、

ようやくその準備が整いました。




この事は、開業前からずっと想定していました。



最初は「5年はかかる」と思っていたのですが、

パズルの最後のピースがそろって、

幸運な事に1年も早くその時が来ました。






僕たちは決して「競う」ような事はしません。

そして、今後一切、批判や比較もしません。





アースベリーコーヒーにしかできない事をやります。





開業からこれまでEARTH BERRY COFFEEのミッションは

「たくさんの人にコーヒーとの素晴らしい出会いを作る」でした。

おかげさまで、たくさんの出会いを作る事が出来ました。

引き続き、このミッションは継続してゆきますが、

これからは、EARTH BERRY COFFEEの新しいミッションは、

====================

「コーヒーで、暮らしに幸せな時間を作る」

====================





食卓でコーヒーカップを持ちながら、

家族のみんなが笑ってる時間。





コーヒーの香りで、気持ちが明るくなって

素晴らしい一日のスタートになる。




疲れても、悲しいことがあっても、

一杯のコーヒーで、元気をもらい、

癒され、笑顔が生まれる。




コーヒーを贈る人も贈られる人も

みんなが笑顔になれるコーヒーの時間。






素晴らしいコーヒーには

そんな魔法があるんです。




現代のストレス社会では、

時間や労力が仕事などで大きく奪われます。

時として、生活が単調で楽しみや

笑顔が少ないものになりがちです。






今だからこそ必要な”コーヒーのかたち”が

あると思うんです。





みなさんの家族や友人や大切な人と過ごす時間は、

素晴らしい暮らしの時間です。





僕自身ファザーリングジャパンというNPOに参加していますが、

仕事や家事、育児に追われて、家庭に笑顔が少なくなっているそうです。




父親が子育てをもっと楽しもう。

という活動がイクメンを生み出し、



会社は社員のワークライフバランスを守ろう。

という活動がイクボスを生み出しました。




現在、大きな社会現象になっていて、

総理も就業時間規制の声明をだし、

各省庁、都道府県の首長もイクボス宣言しています。






時代は大きく変わろうとしています。



高齢化社会。

人口と労働力の減少。

成長から衰退へ。




日本は確実にシフトしてゆきます。






そんな世の中でアースベリーコーヒーは

何ができるんだろうと考えたとき、

やっぱりみんなにハッピーになってもらえる

仕事がしたいと思いました。





いつも、そこにある。

手に届く幸せ。



EARTH BERRY COFFEEのコーヒーが

そうあるようになりたいです。





長々と書いてしまいましたが、

皆様、今後とも、アースベリーコーヒーを

どうぞよろしくお願い申し上げます。







posted by 大地の実 at 16:44| ブログ