2018年03月29日

Qグレーダー更新試験



ワタクシ、国際味覚鑑定士「Qグレーダー」という資格を持っておりまして、

コーヒーに正式に点数をつけることができます。





今、日本に300人くらいだそうです。





この資格は更新試験が3年に一度あって

先日初めての更新試験に行ってきました。





資格を取る時は

なんと6日間連続のコースを受けて、

20科目の試験にすべて合格しなければならず、

結構ハードな資格なのです。




更新試験はカッピング(テイスティング)のみで

ウォッシュド・アフリカ・ナチュラルというテーマで

3セッション(各6さんぷる)をカッピングして

正確な味覚審査ができるか。

正確なスコアシートの記入ができるか。

というテストでした。




普段、ワタクシが使うスコアシートは国際品評会基準のもので


2.jpg



こんな感じのものですが、






Qグレーダーではアメリカ独特の



1.jpg



こんなスコアシートを使います。



評価項目や点数の基準、

点数の加算方法も少し違うので

3年ぶりに使うスコアシートに

ややアタフタしながらの試験でした。




3年前当時のワタクシは

カッピング技術はまだ未熟で、

コーヒーを正確に評価することの意味が

分かっていなかったように思います。





今回、更新試験を受けてみて、

普段は扱わない低レベルのコーヒーや

世界トップレベルのものまで

幅広く出題されました。




じっくりと、

ゆっくりと

決して焦らず。


高温、中温、低温まで、

風味の変化を感じながら

ひとつ、ひとつ、丁寧に

コーヒーに向き合いました。




3年前に比べて、

遥かに正確に審査できるようになっていました。




初めて味わうコーヒーに点数をつけながら、

3年間の自分の味覚審査能力の成長を感じました。





やはり、カッピングは経験です。




毎日、お店でカッピングをして、

2か月に一度、世界トップレベルの

カッピングの達人のトレーニングを

受けることの効果を実感しました。




また、更新試験を受けながら

あらためて、このQグレーダーシステムは

コーヒーを客観的に見ることができ、

コーヒーを俯瞰して見ることができる

とても効率的で洗練されたシステムであることを

実感しました。




数日後に結果発表があり

無事に合格できました。



これからまた3年、Qグレーダーとして

コーヒーを評価できるようになりました。



3年後の更新試験まで、

また、コツコツ成長しようと思います。



posted by 大地の実 at 18:55| ブログ

2018年03月22日

巨星が逝く。





桜の蕾が膨らんできました。




春の常套句でもある三寒四温の日々、

皆様いかがお過ごしでしょうか?




先日、コーヒーの世界では知らない人はいない

銀座のカフェドランブルの関口マスターが103歳で

お亡くなりになりました。



テレビや雑誌でも多く取り上げられ、

日本でも屈指の名店であるランブルは

著名人も足しげく通い、あのジョンレノンや

オノヨーコも舌鼓を打ったと聞きます。




また、日本の自家焙煎珈琲の草分けの人であり、

生涯現役を唱えた伝説の人でありました。






実はワタクシ、かれこれ10年前、

ランブルで関口マスターさんと

1時間くらい焙煎室でご一緒させて

もらったことがあるんです。




当時ワタクシは、焙煎未経験者で

いわゆる名店巡りみたいな感じで

1人でお邪魔しました。



平日のお昼前ごろだったので

名店とはいえお客様もまだ少なく、

マスターの甥っ子さんにカウンターで

コーヒーを淹れてもらいながら

広島から来たんです。

いつか焙煎屋を作りたいんです。

なんて話をしていたら、

「じゃあ、マスターにご紹介します」

って言われて焙煎室へ連れて行かれたんです。



熱気の籠った焙煎室には、

大きな焙煎機と小さな焙煎機が2台あって、

ちょうど小さな焙煎機で当時92歳のマスターが

焙煎をされていました。







ご挨拶すると、

こちらへどうぞ。と言われ、

焙煎室へ入れて頂きました。




少し狭い焙煎室に入ると焙煎機の前で

小さな椅子に座ったマスターがニッコリと笑って

広島からですって?

何か聞きたいことがありますか?

と穏やかに言われました。


マスターの後ろには

女性の写真と、お線香があって

コーヒーが供えてありました。




あっ、すいません。

僕、焙煎したことなくて、

何も分からなくて、

何を聞いていいかも分かりません。


と言うと、ガハハと笑われて、

じゃあ、時間あるなら見ていきなさい。

と言って、小さな椅子をもう一つワタクシに

出して下さいました。





僕の祖父が戦後から広島で喫茶店をやっていたこと、

孫の僕もコーヒー(カフェ)に携わるようになって

いつか自家焙煎でやってみたいこと、

東京にきて色んなお店をみて勉強させてもらってること、

マスターの焙煎中にも、いろんな話を聞いてもらいました。




帰り際にマスターが

「これからも、コーヒー、頑張りなさいよ。」

と声をかけてくださったのを

今でもよく覚えています。




ワタクシにとっては、

何かキツネにつままれたような時間で

何か夢でも見ているかのような時間でした。





きっと、たくさんの人に

そうやって声をかけてこられたんだと思います。



だから日本全国にマスターのファンがいるんだと思います。



不肖、ワタクシもマスターのような人に

なれたらいいなと思います。




コーヒーが好きで、

人が好きで、

たくさんの人を元気にするような人に。




遠く離れた地からですが、

ご冥福をお祈りいたします。



ありがとうございました。







posted by 大地の実 at 19:08| ブログ

2018年03月09日

春といえば、ドリップバックコーヒー。





3月と言えば、学生や社会人の方は移動の多い時期です。


出会いと別れの季節でもありますので、

そんな時の「お餞別」や「ご挨拶」に

ドリップバックコーヒーが好評です。




毎年この3月に一番よく売れるのがドリップバックです。

このひと月で2000個以上は売れます。



EARRTH BERRY COFFEEの自家焙煎珈琲が

簡単、手軽に楽しめるというのと、

なんといっても1個162円という

最強のコストパフォーマンスが人気の理由です。





職場の移動や、転勤、引っ越しなど

意外とたくさん必要な時ってありますよね。



そんな時に、うってつけなのが

ドリップバックコーヒーなのでしょう。きっと。




EARRTH BERRY COFFEEのドリップバックコーヒーは

2種類のお味をご用意していて、

マイルドで飲みやすいタイプの「マイルドブレンド」

そして、コクがあってビターテイストな「ビターブレンド」です。


シングルオリジンが強みの当店ですが、

ギフトやお手土産アイテムには

”誰が飲んでもおいしい”と思ってもらえる

バランス重視のブレンドを起用しています。



バランスってコーヒーにとって

とても重要な要素で、

皆さんがコーヒーを一口飲んだ時に感じる

コーヒーへの”安心感”になるのです。



苦いだけ。

軽いだけ。

酸が強いだけ。

甘いだけ。



コーヒーを安心して「おいしい」と感じるには

バランスが大切なんですね!





EARRTH BERRY COFFEEのブレンド作りは

このバランスを重要視していて、

誰が飲んでも、毎日飲んでも、

また飲みたいと思える安心感を求めています。




使う豆も、

ブレンドベース用に買付された豆がいくつかあって、

主に、クリーンカップ、アフターテイスト、甘味、酸の質が

カップスコア6以上のものです。


こういった豆をブレンドに使うと

ベースラインがしっかりしているので

お店のブレンドのレベルが一気に上がるんです。




ドリップバックコーヒーと侮るなかれ。




ワタクシも出張やアウトドアでは

よく飲むのですが、

結構イケております。





ぜひ、皆様もお試しくださいね!




さあ、コーヒーを楽しもう!






posted by 大地の実 at 19:02| ブログ

2018年02月28日

エチオピアの風味。




ええっ!?

明日からもう3月!?



という方も多い今日この頃、

いかがお過ごしでしょうか?



ワタクシ早くも、「花粉ちゃん」の到来で憂鬱な気分でしたが、

近所の耳鼻科の先生のアドバイスで花粉症のお薬を飲み始めて、

本当に20年ぶりくらいで、快適で気分の良い春を迎えようとしております。





さて、エチオピアが終わりそうです。



今回のエチオピアはグジ地区のギゲサWSという豆でした。

いつも定番のイルガチェフェ村とも近いエリアで

とっても高品質なコーヒーが栽培される場所です。




イルガチェフェがレモンなら

グジは桃のような風味が印象的で、

カップスコアにしてみると90点近くはあるクオリティです。



最近は、少しだけローストを深くして、

柑橘系の香りから、ブラックカラント系(カシス)の

魅惑的な香りを引き出すことができておりました。



ワタクシ個人的に、コーヒーの風味の中で

このブラックカラントの風味が一番好きなんです。



このブラックカラントの風味は

本当に世界でも限られた場所でしか出ないフレーバーなんです。

条件は、赤道にかなり近く、標高が高い場所。

そう、神様に選ばれた特別な場所だけなんです。





例えば

ケニヤの限られた一部の場所。

エチオピアの一部の場所。

コロンビアの一部の場所。





ワタクシの経験上、この場所だけです。





そして、このブラックカラントの風味は

ウォッシュドプロセス(水洗処理)にしか出ません。





先日も、グループの勉強会で買付け対象のサンプルを

カッピング(テイスティング)しているときに

コロンビアのサンプルから素晴らしい

ブラックカラントの風味が出ました。




ワタクシも感嘆の声を上げていたところ、

「20〜30年前、このようなコーヒーは日本では全否定されていた」

という先生からの話を聞いて驚きました。



理由は、酸の量が強く、個性はクセとして認識されていたから。


現在のコーヒーの評価基準と真逆だったんですね。





とにかく、

そんな素晴らしいフレーバーを持つ

エチオピアのグジを、ぜひ体験しておいて

頂きたいと願います。






さあ、コーヒーを楽しもう!






posted by 大地の実 at 14:40| ブログ

2018年02月13日

確定申告ちゃん。




皆様もご存知の通りワタクシ、子供のころから

夏休みの宿題とかギリギリになるタイプでございまして、

計画的にコツコツと積み上げるタイプのひとに憧れております。



イチローも言っておりますが、

「大きな偉業を成すには、小さな努力の積み重ねしなかい」

まさにその通りでございまして、

分かってはいるのですが、

なかなか実行には踏み切れないのが

ワタクシという弱い人間なのでございます。



「何の話や!?」と思われているかと思いますが、

そんなワタクシが、今年の確定申告が終わったのです。




そう、自営業の皆様ならよくご存じの

あの確定申告が、、です。



いつもは、申告期限のギリギリまで

引っ張るという粘り強さを発揮します。



1年分の領収書や伝票を整理したり

様々な経費を計算して仕分けながら

それを会計ソフトに打ち込みます。



5年前にお店を開業した時は

経理のケの字も分からないド素人でした。



毎年、毎年、2月になると

ジワジワをプレッシャーを感じながら、

3月には夢に出てきそうなほど

ワタクシを追い詰めていた確定申告ちゃん。




しかーーーーーーーし!!!!


5年目のワタクシは、

もはや今までのワタクシではありません!




確定申告ちゃんの圧力に屈しない魂を手に入れたのです!



キッカケはこれ。


yjimage1.jpg






世界的にも有名な本なんですが、

実は10年以上前にチャレンジして

見事に途中で挫折した本です。



ところが、今のワタクシには、

五臓六腑に染みわたるように

スルスルと内容が入ってきました。

(もう1年以上前に読んだのですが)





親になって、経営者になって

ようやく分かることがあるんですねぇ。




このワタクシが、確定申告ちゃんに

先回りできるようになったのも、

このクッソ寒い時期にもかかわらず、

朝からジョギングを続けられるのも、

この本がいろんなヒントをくれたからです。


(これは宣伝ではありません)笑





とにかく、今年からはもう、

確定申告ちゃんに余裕で勝てるようになりました。



「ふふ、貴様など片腕で十分だ。」



そんな感じでございます。



しかし!!


儲かってるかどうかは別でございます。





だた、確定申告ちゃんには勝ちました。


いつか、内容にも勝ちまくりたいものです。




その時は、経常利益ちゃんとの闘いとなりますが、

もう少し、そのステージには早いようでございます。。。苦笑




皆様も、

自分にとって、これをやれば人生が充実し、

生産性が上がると分かっているけど、

「自分からはやらないこと。」


そんな事柄はありませんか?




そんな事柄にぜひ挑戦してみてください。


最初は、超めんどくさいのですが、

3か月、続ければ、変化します。




(偉そうに言っておりますが、ワタクシも続けて行けるように頑張ります)








posted by 大地の実 at 19:08| ブログ